女性の薄毛対策

薄毛は男性だけでなく女性にも非常に増えてきています。 この背景には、食生活の欧米化や生活スタイルの変化、ストレスの増加などがあると言われています。

男性の薄毛は基本的にAGAと呼ばれる男性特有の薄毛ですが、 女性の場合は、そうした原因はなく上記で示したような生活習慣のよる影響が大きいため、 血流改善などの生活習慣の改善、ホルモンバランスの改善などが重要になります。

女性の薄毛対策の具体的にどういった対策が効果的なのか以下でご紹介していきます。

1.睡眠時間の確保 睡眠は髪の毛の成長に極めて大きな影響を与えています。特に夜10時~2時にかけての時間帯は髪の毛の成長を促す女性ホルモンの分泌がピークを迎えるため、この時間帯に安定した睡眠を取っているかどうかが重要です。

2.食生活の見直し 食事は身体を作る根本的なものですので、髪の成長にも強く関わっています。例えば、肉や魚、スイーツなど脂質の多い食事を摂り過ぎると、過剰に頭皮から油分が分泌されるようになり、髪の成長を阻害してしまいます。 一方、大豆製品などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た効果を発揮するとされていますし、良質なタンパク質の摂取は太くコシのある髪の毛の成長に必要不可欠です。 これら生活習慣をまずはしっかり見直し、栄養素をしっかりと毛根に届ける事が重要です。

女性のヘアケア、薄毛対策に育毛剤

薄毛に悩む人にとって、男女問わずにぜひ利用したいアイテムと言えば育毛剤が挙げられます。 最近は男性だけでは無く、女性用育毛剤が非常に増えています。

女性の薄毛の多くはストレスによっても引き起こされますし、他にははホルモンバランスの乱れや過度なダイエットなどが引き金となってしまうこともあります。

薄毛になると人の視線が気になったり、ヘアスタイルに制限が出てきたりします。抜け毛に落ち込んで気分がふさぎ込むことも増えますが、育毛剤を使って血流を改善し、頭皮に良い栄養を与える事が大切になってきます。

育毛剤は今生えている髪を抜けにくく丈夫にしてくれる効能も強いですし、頭皮の環境を整えて地肌に良い成分を与え、再び健康的で太くて良い髪が生えやすい地盤づくりを叶えてくれます。

育毛剤を使う際には、ただまんべんなく塗るのでは無く、液を塗った後は頭皮へと浸透させることが大切になってきます。 指を使って力を加えて頭皮をマッサージしたり、頭皮を押して揉むことを心がけるようにしたり、育毛剤を使う際には頭皮マッサージする習慣を付けると安心です。

育毛剤は使い始めたからと言って急に目に見えて効果が出ることは少ないので、最低でも半年程度は継続して気長に使い続けることも大切です。

女性育毛剤